竹下世界塔の計算機よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 動的再構成プロセッサ

<<   作成日時 : 2006/07/01 04:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コンフィギュラブル(再構成)プロセッサはユーザ側で独自の命令や回路を定義して実行することができる。従来のプロセッサにFPGAを付加したようなものである。動作中に回路構成を変更できる物はリコンフィギュラブル(動的再構成)プロセッサと呼ばれている。応用例としては画像処理があるが、それ以外ではちょっと見当たらない。構造は面白いが応用が少ないので技術主導型のような感じがする。また、プロセッサとして展開しているために開発ツールなども盛り上がらない傾向にある。従来からあって成功しているプロセッサ(ARM,MIPSなど)はサードパーティからもデバッグツールが出ているが、コンフィギュラブルプロセッサでは難しいようだ。結構ハード屋さんは保守的なので参入障壁は高いだろう。
そこで思いついたのだが、汎用プロセッサのコプロセッサとしてリコンフィギュラブルプロセッサを導入してみてはどうだろうか。マルチメディア命令(IA-32ではSSEなど)の部分を平常時は互換性のある回路にしておいて、動的再構成も可能にしておく。そうすれば汎用プロセッサの利用者は多いだろうから応用も多数見つかるだろう。どうでしょうねこのアイデア。

テンシリカ
http://www.tensilica.co.jp/
DRPホーム|先端技術|NECエレクトロニクス
http://www.necel.com/drp/ja/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




動的再構成プロセッサ 竹下世界塔の計算機よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる