竹下世界塔の計算機よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS マルチメディア命令調査:PA-RISC2.0 MAX

<<   作成日時 : 2009/12/26 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

PA-RISC2.0 MAX
・Multimedia Extension すべて64bit汎用レジスタを使う。
・SIMD命令で扱うのはHalfWord(16bit長)のみ
・飽和演算命令がある
 符号付き飽和は0x8000〜0x7fffの範囲
 符号なし飽和は0x0000〜0xffffの範囲

HADD{.SS|.US} r1,r2,t
t[0:15] = r1[0:15] + r2[0:15]
t[16:31] = r1[16:31] + r2[16:31]
t[32:47] = r1[32:47] + r2[32:47]
t[48:63] = r1[48:63] + r2[48:63]
コンプリータが.SSのとき符号付き飽和、.USのとき符号なし飽和、コンプリータなしでラップアラウンド

HSUB{.SS|.US} r1,r2,t
t[0:15] = r1[0:15] - r2[0:15]
t[16:31] = r1[16:31] - r2[16:31]
t[32:47] = r1[32:47] - r2[32:47]
t[48:63] = r1[48:63] - r2[48:63]
コンプリータが.SSのとき符号付き飽和、.USのとき符号なし飽和、コンプリータなしでラップアラウンド

HSHRADD r1,sa,r2,t - r1内のHalfWordを即値sa分算術右シフトして加算。符号付き飽和。
t[0:15] = r1[0:15]>>sa + r2[0:15]
t[16:31] = r1[16:31]>>sa + r2[16:31]
t[32:47] = r1[32:47]>>sa + r2[32:47]
t[48:63] = r1[48:63]>>sa + r2[48:63]

HSHLADD r1,sa,r2,t - r1内のHalfWordを即値sa分左シフトして加算。符号付き飽和。
t[0:15] = r1[0:15]<<sa + r2[0:15]
t[16:31] = r1[16:31]<<sa + r2[16:31]
t[32:47] = r1[32:47]<<sa + r2[32:47]
t[48:63] = r1[48:63]<<sa + r2[48:63]

HAVG r1,r2,t - r1とr2内のHalfwardそれぞれの平均値。
t[0:15] = (r1[0:15] + r2[0:15]) ÷ 2
t[16:31] = (r1[16:31] + r2[16:31]) ÷ 2
t[32:47] = (r1[32:47] + r2[32:47]) ÷ 2
t[48:63] = (r1[48:63] + r2[48:63]) ÷ 2

HSHL r,sa,t - r内のHalfWordを即値sa分左シフト。
t[0:15] = r[0:15]<<sa
t[16:31] = r[16:31]<<sa
t[32:47] = r[32:47]<<sa
t[48:63] = r[48:63]<<sa

HSHR<.U|.S> - r内のHalfWordを即値sa分右シフト。
t[0:15] = r[0:15]>>sa
t[16:31] = r[16:31]>>sa
t[32:47] = r[32:47]>>sa
t[48:63] = r[48:63]>>sa
コンプリータがなしまたは.Sのとき算術右シフト、.Uのとき論理右シフト。

PERMH.c r,t - コンプリータc(c0,c1,c2,c3)の値によってHalfWordを入れ換える。それぞれ2bitで0,1,2,3の値をとる。
t[0:15] = c0が0のときr[0:15],1のときr[16:31],2のときr[32:47],3のときr[48:63]
t[16:31] = c1が0のときr[0:15],1のときr[16:31],2のときr[32:47],3のときr[48:63]
t[32:47] = c2が0のときr[0:15],1のときr[16:31],2のときr[32:47],3のときr[48:63]
t[48:63] = c3が0のときr[0:15],1のときr[16:31],2のときr[32:47],3のときr[48:63]

MIXH<.L|.R> r1,r2,t - HalfWord単位で混ぜる
MIXH.Lのとき
t[0:15] = r1[0:15]
t[16:31] = r2[0:15]
t[32:47] = r1[32:47]
t[48:63] = r2[32:47]
MIXH.Rのとき
t[0:15] = r1[16:31]
t[16:31] = r2[16:31]
t[32:47] = r1[48:63]
t[48:63] = r2[48:63]

MIXW<.L|.R> r1,r2,t - Word単位で混ぜる
MIXW.Lのとき
t[0:31] = r1[0:31]
t[32:63] = r2[0:31]
MIXW.Rのとき
t[0:31] = r1[32:63]
t[32:63] = r2[32:63]

 命令数は少なく、簡素。16bit長のみ扱っているためか。(MIXWも16bit単位とみなせる)
 SIMD系命令のみで、SPARCのVISにあったような複雑なマルチメディア系命令はない。
 乗算とパック/アンパックがない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マルチメディア命令調査:MIPS Vのマルチメディア拡張MDMX
 呼び方が「マッドマックス」というMIPSの3Dマルチメディア命令拡張。1996年にMicroprocessor Forumで発表されたもの。 ...続きを見る
竹下世界塔の計算機よもやま話
2013/02/25 01:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




マルチメディア命令調査:PA-RISC2.0 MAX 竹下世界塔の計算機よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる