竹下世界塔の計算機よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼくのかんがえたさいきょうCPU ロード命令の補助情報

<<   作成日時 : 2014/01/24 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ポストフィックスの修飾により最大で即値、Srcレジスタ3個、Destレジスタ2個を指定できるようにした。即値とSrcレジスタはアドレッシングモードで使うとして、Destレジスタ2個はどうしようか。

 キャッシュを前提としたロード命令は、データがどこにあるかでロード完了の時間が違ってくる。おおざっぱに1次、2次、3次、メモリ上にデータがあった場合でそれぞれ1,10,100,1000サイクルと一桁づつ変わってくると考えると、キャッシュミスの場合はロード完了まで1000命令も空いてしまう。

 ということでなんかヒントは出ないだろうか、ということでLoad命令でDestレジスタをもうひとつ指定したらロード予測時間を入れることにしたい。

 Ld [A+B],C,D → Dに予測時間

D = 0x0001 1次キャッシュにある
D = 0x0010 1次キャッシュにはない。2次キャッシュにある
D = 0x0100 3次キャッシュにある
D = 0x1000 キャッシュにはない。メモリ上にある

こうやって1bitづつ指定することで、データが遠い所にあるほど大きな値になるようにしておく。
LEA命令はアドレス計算が終わるとすぐに得られるので、D=0となる。

 ストア命令はどうしようか。ストア命令は投げっぱなしになるのでDest指定は無効にしておこう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




ぼくのかんがえたさいきょうCPU ロード命令の補助情報 竹下世界塔の計算機よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる