竹下世界塔の計算機よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS ARMのHPC拡張SVE(Scalable Vector Extension)

<<   作成日時 : 2016/08/25 03:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 E1丙を周回してますが伊26出ません。

 HotChips28でARMv8のHPC拡張、SVE(Scalable Vector Extension)が発表された。

チップカンファレンス「Hot Chips」で次世代京コンピュータなどが発表(PC Watch)
追記:
ARMの新ベクトル命令「SVE」、ポスト京に採用へ(EE Times Japan)

 32bitのARMではNEONという128bit幅のSIMD拡張を持っている。NEON(ARM)
※IntelのSSEは128bit、AVX/AVX2は256bit、AVX-512は512bit
 SVEは64bit版ARM専用のSIMD拡張で、128bit〜2048bit幅を扱う。

Little ARMs pump 2,048-bit muscles in training for Fujitsu's Post-K exascale mega-brain(The Register)

Fujitsu: Why we chose 64-bit ARM over SPARC for our exascale super(The Register)

ARM Announces ARMv8-A with Scalable Vector Extensions:Aiming for HPC and Data Center(Anandtech)

Inside Japan’s Future Exascale ARM Supercomputer(THENEXTPLATFORM)

ARM Ramps up for HPC with SVE Scalable Vector Extensions(Inside HPC)


 こちらはARMのblog。
Technology Update: The Scalable Vector Extension (SVE) for the ARMv8-A architecture

 具体的な図や命令セットの記載はないけれど、以下が表にあった。
・Scalable vector length (VL)
・VL agnostic (VLA) programmin
・Gather-load & Scatter-store
・Per-lane predication
・Predicate-driven loop control and management
・Vector partitioning and SW managed speculation
・Extended integer and floating-point horizontal reductions
・Scalarized intra-vector sub-loops

 私にはよくわからない所が多いですが、SIMD演算でのループ実行を効率的に行うための仕組みが多い模様(最後から5つ)。最初の採用がpost-Kになるので、SPARC64viifx/ixfx/xifxが持つHPC向け機能を入れるため富士通側とすり合わせが行われるんじゃないでしょうか。

 富士通からは以下の発表。SPARCアーキからARMアーキに変わっても我々の作るエンジンには影響ありませんよという内容。

ポスト「京」プロセッサの命令セットを紹介【Hot Chips 28. 富士通講演レポート】(富士通)


ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャ[ARM版]ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャ[ARM版]
デイビッド・M・ハリス サラ・L・ハリス 天野英晴

星雲社 2016-04-25
売り上げランキング : 87579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




ARMのHPC拡張SVE(Scalable Vector Extension) 竹下世界塔の計算機よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる