竹下世界塔の計算機よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS メモ:Deep Learning処理向けプロセッサDLU

<<   作成日時 : 2016/12/01 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界最速クラスのディープラーニング基盤と、業種・業務に対応したAIサービスを提供(富士通)

富士通、ディープラーニング専用AIプロセッサ「DLU」を開発(pc watch)

富士通、「誰でも使えるAI」の実現に向けて新たなAIサービス(マイナビニュース)

富士通、“30年磨いた”AI「Zinrai」API提供 ディープラーニング専用プロセッサも開発中(ITmediaニュース)

富士通、IoTを視野にAI技術「Zinrai」のAPIを2017年春から提供(IT Leaders)

AI, Deep Learning, and Fujitsu(PDF)

 ブロック図が載った資料がないのでDLUがどんなチップになるのかわからないが、2018年度はアクセラレータとして、次はホストCPU一体型、さらに量子コンピューティングがどうこうのと続くようだ。GPGPUの真ん中のGPを除いたものと理解すればよろしいか?現状はNVIDIA Tesla P100を使った並列システムをプラットフォームにするようだ。
 京の技術が、とあるのは高密度なプロセッサが作れますよということだろう。“30年磨いた”っていうのはFACOM αのことかな?だとしたら人工知能関連の事業化はここで途切れてるはずよ。(そういやTEOのフィンフィン君がいたなあ)

 Deep Learningを1990年頃に流行ったニューラルネットワークのことだとして考える。当時はパソコンだと80386+80387くらいで文字認識などはできた。現在は同じ仕組みでGPUを使い速度が大幅に向上したためもっと複雑な画像認識などが可能になった。DLUもおそらくはこの延長線上でさらに処理速度を上げることにより応用範囲を増やしていくものと思われる。


追記:Post-K Development and Introducing DLU

コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. 全高約150mm ノンスケール 色分け済み プラモデルコトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. 全高約150mm ノンスケール 色分け済み プラモデル

壽屋 2016-10-14
売り上げランキング : 288

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




メモ:Deep Learning処理向けプロセッサDLU 竹下世界塔の計算機よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる