竹下世界塔の計算機よもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じ端子に複数の意味付けをすべきでない

<<   作成日時 : 2009/03/03 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昔あった話。そんなにピン数も少なくない、どちらかといえば余裕のあるLSI間の制御線について、1本の信号線について二つの意味付けをされているピンがあった。2つのLSI間でモードが一致していれば問題はなかったのだが、タイミングが異なったとき一瞬モードがLSI間で異なり、その信号線の意味を取り違えたのが原因となった障害が発生した。信号線をけちるのはもう大昔の話。現在ではLSIのピン数にも余裕があり、1ピンにつき1つの意味しか付けないようにしないと思いがけないようなエラーが発生する。どうしても複数の意味を付けなければならないときには相当慎重にならなければならない。
 本当によくわからない動作をしますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




同じ端子に複数の意味付けをすべきでない 竹下世界塔の計算機よもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる