ASIC設計の入門書

 物理や電子工学科卒ならひととおりのことは習っただろうが、会社で実際の設計業務に携わるとなると生半可な知識は通用しない。私は趣味でハードをやっていたが学生時代はソフトウェア(自然言語処理!)をやっていたのでまったくのやり直しのつもりで勉強した。その時の参考書を紹介する。
 最近はVerilog-HDLやらSystemCなどソフト寄りのツールが多いが、そんなものはいつでもできる。基本を押さえておかないと。ソフトウェアでいうアルゴリズムの理解が必要だ。

 CQ出版社の定本シリーズから、「ASICのシステム設計」小林芳直著
 前半はLSI(ASIC)設計の基本的な話。後半はステートマシン中心になる。現在はギチギチのステートマシンを作る必要はあまりなく、1つの状態を1個のFFに割り当てるワンホット・ステートマシンが高速で設計も検証も楽だ。ゲート数を常に意識するような時代ではなくなった。
定本 ASICのシステム設計―論理回路の記述からステート・マシンの設計まで定本 ASICのシステム設計―論理回路の記述からステート・マシンの設計まで
小林 芳直

CQ出版 1995-11
売り上げランキング : 501178
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 同じくCQ出版社の定本シリーズから、「ASICの論理回路設計」小林芳直著
 こちらは論理圧縮などより実用向きの内容。サンプルの論理回路も多い。これらを元にHDLを記述すればよい。でも最近は論理圧縮などツールがやってくれるんだよなあ。
定本 ASICの論理回路設計―高速・高信頼ディジタル・システムのための設計ノウハウ定本 ASICの論理回路設計―高速・高信頼ディジタル・システムのための設計ノウハウ
小林 芳直

CQ出版 1998-04
売り上げランキング : 273912
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ともかく本を読んで、自分の部署の用語にも慣れて、早く先輩技術者の言ってることが分かるようにならないと。あとは失敗をたくさんやって体で覚えることだ。幸い、LSI設計は命に関わるようなことはあんまりないし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック