工場試験での怖い話

聞いた話です。実際には見ていません。でも怖かった。
工場では装置の出荷試験をするために、わざと故障モードを通知するような試験の仕方をします。その中で恐ろしかったのは、より線をほぐしたものでプリント基板上のCPUの裏側の端子をこするという。
うわーっやめてーっ と思いましたね。なんて乱暴な。しかし通常の動作テストなどをしていると思いもつかないのです。知らないほうがより現実に近い故障のシミュレーションができるのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック