実録 ハード設計!検証!デバッグ!

「正論理、負論理って知ってる?これじゃわからんよ」
「仕様書の記述が別の章で矛盾してるんですけど」「よく読んだな」
「なんで端子数が合わないんじゃああ!ちゃんと隣と話しとんのかコラ」(パイプ椅子投げる)
論理設計「このディレイじゃ間に合わない。セル作ってよ」スタセル設計「簡単に言うなよ」
「ビルド前に帰るなよ」
「ごめん、ミスった。チェックインするからもういっぺんビルドして」「・・・」
「シミュレータが発振してるぞ。また論理ループか」
「さあ、私のモジュールはこんな変な物食わされたらそのまま吐き出すんでね…それを作っているヤツなら今アンタの後ろでHHKB叩いてますよ」
「もうちょっと境界広げていい?」「だめだよ」「土地争いが起こってる」
「100%ヒットする分岐予測ってないかなあ」「それって100%ミスしてもできるんじゃ」
「三時にシミュレーション結果をメールしたら四時に返事が来たぞ。あの人いつ寝てんだ」「お前もな」
「シミュレーションで最初に見つかる凡ミスはなんだと思う?極性反転だよ」
「やっと最初のフェッチが出たぞ」「飲みに行こう」
「だが真の敵は100万サイクル以上前にいる」
「…またお前か」
「どうしてテストプログラムのテスト以外の箇所で引っかかるの?」「まだ分岐命令実装してない」
課長「投入ミスか!計算機はタダじゃねーんだよ」(実際言われた)
「シミュレーションオーバーランだ、ライブロックしてる」
「だれだよツールアップデートしたやつ。動かなくなったじゃないか」
「早くウチとこの物理レイアウトチームにもデータくれよ、動かなくても端子が合わなくてもいいからさ」
「デグレだ」
「ボクのせいじゃないもん」
「だいぶこのテスト項目表も埋まってきたな」「え?また最初からやり直し!?」(空爆表と呼んでた)
「シミュレーション、ファイナルラストラン開始」「なんだよそれ、何回目だよ」
部長「よく頑張ったな、焼肉行こう」でも検証チームは残ってやってる(実話)
「来たぞ!ES品がきた!」
「パワーオンの時だけ、見たことのない人がいっぱいくるな」
「動かん。ちょっと電圧上げてみるか」「うんともすんとも言わん」「これが最後の1個か…やった!『FAIL』画面が出た!動いてる!バンザイ!」
「新品の匂いがする…」「そこケーブルが焦げてる!」
「せーの。チリッ」「あっHDDが焼けた」
「このロジアナ直しといて」「はい」九州人→隅っこにしまう 関東人→校正に出す
「実験室にいっぺんも来たことないけど、障害箇所は正確に言い当てるんだよなあ」「理論論理設計者なんだよ」
部長「出荷判定会議の結果を伝える。条件付き出荷可。出荷までに以下の障害をすべて解決すること」
一同「ハーイ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック