メモ:メニーコアプロセッサPEZY-SC

PEZY、1024コアのメニーコアプロセッサ「PEZY-SC」を開発
※追加
1チップで3TFlopsの演算性能を実現 - PEZY Computingの1024コアプロセサ

PEZY Computing

 1024コアのプロセッサ。コアのブロック図、コア間接続、命令セット、開発キットなどはいまのところ不明。


 ところで、1コアあたりの性能を高くできるメーカーはIntelなど少数に限られていて、その他のベンチャー企業が挑むには小規模コアをたくさん詰め込むというのが戦略的にはアリなのだろうか。1コアあたりの性能を高くしようとすると構造が複雑になり検証コストもかさみ消費電力も大きくなる。小規模なコアなら製造プロセスが世代交代してもコア部分は変更せずに数を詰め込んでスケールさせることができる。
 Green Arras,Inc.のGA144、parallellaのEphiphany、NVDIAのJETSON TK1あたりも似ている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック