ぼくのかんがえたさいきょうCPU レジスタ番号と定数

 演算に定数をつかうときは 1. レジスタに即値を代入する または 2. 即値をオペランドに指定する という感じになるのだけれども、1, はいったん即値を代入する操作が必要になり、2.はオペランドのフォーマットが長くなってしまう。ではどうしようか。

 64本の汎用レジスタを使うことを考えると、これを表現するためには6bitあればよい。で、汎用レジスタの本数をこの命令フォーマットのまま32本に制限すると、32本のレジスタ+即値32種類として使うこともできる。他にも16本の汎用レジスタ+即値48種類、または8本の汎用レジスタ+56種類の即値も指定可能。

 これらは呼び出す時になんらかのモード切り替えが必要になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック