ぼくのかんがえたさいきょうCPU: ZLSアーキテクチャ

 風呂で思いついた。長いデータを格納できるレジスタをどう活用するか。  作業用のスクラッチパッドメモリというのがある。巨大な主記憶とは別にコアに近い部分にアクセス速度が早い小容量のメモリを用意し、こちらで作業することにより高速に処理できるようにする。そのスクラッチパッドメモリをどう見せるかだが、あるプロセスだけに局所的に見せようと…
コメント:0

続きを読むread more