オフコンの最期のあたりの話

 90年代前半、新卒で配属されたのはオフコンのハードウェア開発の部署だった。そのあたりの思い出話。

 オフコン(オフィスコンピュータ)は汎用機を導入するには金額的にも大変な中小企業や支店向けの事務処理用計算機。汎用機とくらべて特別なファシリティは不要。例えばAC100Vで動作し朝始業時に電源を入れて終業時に電源を切るような運用も可能。冷却も水冷のような特別な機構は使わず空冷。汎用機の下位に位置するが科学技術計算を行うミニコンとは異なり商用に特化している(十進演算、ストリング転送命令、浮動小数点はオプション、など)。
オフィスコンピュータ(Wikipedia)
コンピュータ博物館 オフィスコンピュータ(IPSJ)
オフコン練習帳

 一時期は大小いろんなメーカーから販売され、プロセッサも汎用ロジックを組み合わせた独自のものや市販のプロセッサを使用したものなどさまざま。独自設計のプロセッサはLSI化され、さらに機能や速度を向上させていく。市販のプロセッサを採用したところはソフトウェアやサービスで盛っていく。電卓戦争みたいに撤退する者があり、やがて数社に絞り込まれた。

FACOMシステム80(IPSJ)
新FACOM Vシリーズ(IPSJ)
富士通製コンピュータの歴史(オフコン編前半
(ミリオンリース販売株式会社)

 FSSP(Fujitsu Small System Processor)はFACOMシステム80より採用されたプロセッサでこれ自体はオフコン用ではなく汎用機の下位システム用として開発された模様。FACOMシステム80の下位機種はi8086を採用しているので、FSSPの性能はこれよりも上と推測される。新FACOM Vシリーズの上位機種V-850とV-870はSPU(System Processing Unit)+IPU(Information Processing Unit)という構成でSPU部分はFSSPでI/Oが接続され、IPU部分はFSSPとは別の命令体系だがより高性能のプロセッサが演算を担当した。IPUはSPUの制御下にあり、起動もSPUから行われる。SPUとIPUはプレイステーションとプレステーション2のシステム構成に似ている。この構成はのちのKシリーズでも同様。


FACOM Kシリーズ(K-200シリーズ,K-200シリーズRモデル)(IPSJ)
FUJITSU K6000αシリーズ(IPSJ)

 さて、私が配属されたときは新しいIPUの論理設計が終わりつつあり物理実装に移る段階だった。これは従来のCISCアーキであるIPUのモードを持った新しいRISCアーキのプロセッサだった。時期的にはRISCプロセッサの台頭がありその性能を期待して取り込んだものと思われる。同時期にはTRONCHIPがありオフコン用途を見据えたような命令(強力な十進命令、転送命令)を持っていたがすでに成功しているオフコンを持っているメーカーとしては現状とそんなに違いがないプロセッサは魅力的ではなかったのだろう。
 このRISCアーキはゼロレジスタを含む32本の汎用レジスタを持つ標準的なロードストア命令にオフコン向けの命令を追加した2wayスーパースカラプロセッサだった。命令は4バイトの固定長だがひとつだけ例外があって即値ロードは4バイトの引数をとる8バイト命令だった。旧来の互換モードは使用するレジスタを重ねていてV30の8080モードを連想させる。物理配線のCAD操作とそれ用のワークステーションのお守り、そしてこのアーキでの理論的な最高速度をだすコードを2本のパイプラインを意識しながら書いた。これってパソコンの機械語で最小ステップのコードを書くこととあまり変わらんですね。強力なINSERT/EXTRACT相当の命令があったこととLEA命令は独立したアドレス計算用の演算器を使うことを利用してうまく書けたんじゃないかなと思っている。
 1990年代はインテルがマイクロソフトのWindowsとともに大幅にシェアを伸ばし、プロセッサの価格性能比もダントツに高かった。そのためこのRISCアーキは一代限りとなりPentiumPro採用のGRANPOWER6000でバイナリトランスレーションによる実行に代わってしまった。

 さて当時、汎用機はスピード命でバイポーラを採用していたがこちらはCMOSプロセス、ただしCMOSはやがて主流となる半導体テクノロジだったので半導体部門のサポートも厚く最先端のものを使うことができた。ただ汎用機が優先の雰囲気があり、職場の先輩方は支援部隊(社内のCADなど)があまり相手にしてくれないなどと愚痴っていた。予算も限られていたらしく汎用機チームがリメイクを繰り返していてもこちらはそんな余裕がなく、その結果リメイクなしでリリースするのが当然のような感覚だった。配属当時は刑事ドラマの部署にはいった新人のような気がしてて、デカ長じゃなかった課長には「なかなか仕上がりがいいねえ。ところで」と新人研修には行かず同期では最速の残業をすることとなる(ホントはイカンのでしょそれ)。初めて設計したごくごく小規模なLSIのレビューでは剣道の地稽古かわいがりのような目に遭った。朝の打ち合わせやレビューは殺伐としてたが物の言い方を引きずることなく納得して決まったことはみな粛々と実行した。慣れれば居心地の良いアットホームな雰囲気でしたよ。よその課からは声がでかい部署だと言われてたそうです。

 とりとめがなくて申し訳ない。そんな思い出話でした。

300<スリー ハンドレッド> (字幕版) - ジェラルド・バトラー, レナ・ヘディー, デイビッド・ウェナム, ドミニク・ウェスト, ビンセント・リーガン, マイケル・ファスベンダー, アンドルー・プレビン, アンドルー・ティアナン, ロドリゴ・サントロ, ザック・スナイダー, ザック・スナイダー, カート・ジョンスタッド, マイケル・B・ゴードン, フランク・ミラー, ジャンニ・ヌーナリ, マーク・カントン, バーニー・ゴールドマン, デボラ・スナイダー, フランク・ミラー
300<スリー ハンドレッド> (字幕版) - ジェラルド・バトラー, レナ・ヘディー, デイビッド・ウェナム, ドミニク・ウェスト, ビンセント・リーガン, マイケル・ファスベンダー, アンドルー・プレビン, アンドルー・ティアナン, ロドリゴ・サントロ, ザック・スナイダー, ザック・スナイダー, カート・ジョンスタッド, マイケル・B・ゴードン, フランク・ミラー, ジャンニ・ヌーナリ, マーク・カントン, バーニー・ゴールドマン, デボラ・スナイダー, フランク・ミラー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント