2021:分岐命令

 プログラムは命令列が順に取り込まれては実行されるイメージで、現在実行中のコードの位置を指し示すのがプログラムカウンタ(PC)である。プロセッサによっては次に実行する命令を指したり名称が違っていたりする。PCは4バイトの固定長命令ならば+4ずつ、可変長命令なら現在実行した命令のサイズ分増えていく。この流れを変えるのは分岐命令で、制御転送…
コメント:0

続きを読むread more