ウルトラセブン第43話 第四惑星の悪夢に出てくる計算機

※追記:当時を知る方からコメントをいただきました。NEAC2200モデル200のコンソールパネルタイプで撮影は当時の日本電子工学院(現在の日本工学院専門学校)で行われたとのこと。  ウルトラセブン第43話「第四惑星の悪夢」には人間がロボットに支配された星が出てくる。その中で第四惑星の政策方針から健康管理まですべて計算している計…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

LL/SC命令

 Load-Linked/Store-Conditionalの動作について。またはLoad&Reserved/Store-Conditionalとも。自分の理解のために整理したのでツッコミ歓迎。 Load-Link/Store-Conditional[Wikipedia]  リードモディファイライトで私が最初に知ったのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シフト命令、ビットフィールド命令

 基本的なシフト命令は論理左シフト、論理右シフト、算術右シフト。SPARCはこれだけしかない。 その他のRISCにはローテート命令や任意のbit位置を取り出したり挿入したりするビットフィールド命令が存在する。  32bitから64bitになったプロセッサはシフト命令が32bitの範囲で動作するものと64bitの範囲で動作するもので分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

遅延分岐命令の分類

 パイプライン実行が前提のRISCアーキには遅延分岐命令を持つものがある。分岐命令の直後の命令を実行してから分岐先へと制御を移す。遅延分岐命令の後にある実行される命令の場所を遅延スロットと呼ぶ。 以前調べたもの:各種プロセッサ 整数演算の条件付き分岐命令について 遅延分岐の有効性については次をどうぞ:分岐命令のペナル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

条件分岐について各アーキ分類

追記:SPARC T4/M5はCompare&Branch命令があるので追加  計算機の条件判断について分類した。  ある数値AとBを数値として比較するときにはA-Bの結果から判断する。演算結果がレジスタのビット幅からはみ出て表現できなくなった時にはCフラグ(符号なし)、Vフラグ(符号付き/2の補数)が立つ。他には負の数を表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔のプロセッサの動作速度の推定

 これを読んで、記事中の数値で気になるところがあったので。 スーパーコンピューターの系譜 代表作CRAY-1と地球シミュレータ  3MHz動作の8085の整数演算性能を3MIPSとしているが、NOPでも4サイクルかかるので最速でも0.75MIPS。これはZ80(4MHz)は1MIPSただしNOPだけという雑誌の記事を覚えていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモ:メニーコアプロセッサPEZY-SC

PEZY、1024コアのメニーコアプロセッサ「PEZY-SC」を開発 ※追加 1チップで3TFlopsの演算性能を実現 - PEZY Computingの1024コアプロセサ PEZY Computing  1024コアのプロセッサ。コアのブロック図、コア間接続、命令セット、開発キットなどはいまのところ不明。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモ: NVIDIA JETSON TK1

 リンク集です。JETSON TK1、日本でも入手できるようになったのに使用例をあまり見かけない。これからかな? 公式:回路図なども公開されている。 NVIDIA JETSON TK1 組み込み開発キット Jetson TK1 support NVIDIA > DevZone > Forums > GP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくのかんがえたさいきょうCPU 2出力演算を使った命令について

 RISC系の3オペランド命令は引数を2つのレジスタでもらい、結果を1つのレジスタに書き込む。条件フラグを持つアーキテクチャはここでフラグが変化する。条件フラグを持たないアーキテクチャはオーバーフローなどが発生した場合はトラップで受けることもできる。条件フラグの存在はそれを特別扱いにしないといけないので依存関係の解消が面倒になる。条件フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

副作用についていろいろ

 計算機の中の副作用について。 副作用 (プログラム)(Wikipedia)  用語が違ってるかもしれないけど、以下の定義で考えていく。 関数 ある入力を与えると出力が一意に決まる。 手続き 関数とは異なり他のグローバル変数などを参照して出力が決まる。他のグローバル変数を書き換えることもある。 (1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HPのThe Machine

 Ando's Processor Information Page経由で知った。最近の話題 2014年6月14日  HPのThe Machine、名前がすごい。memristorを使って不揮発性、メモリ階層のない計算機を構成し、photonicsでプロセッサ群とメモリ群を接続するというものだがちょっと想像できない。 HP、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくのかんがえたさいきょうCPU タグアーキ

 データに属性を与えるタグだが、メモリのアクセス単位が32,64,128bit...となると扱うデータ幅を削るか別の場所にタグ領域を用意するしかない。 以前考えたタグの付与。 ぼくのかんがえたさいきょうCPU エンディアンとタグ付きデータの扱い 今回はメモリ上にデータ領域とそれに対応するタグ領域というのを考えてみる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

応援おねがいします。

 お誕生月であります。応援してください。自分では調べ物が得意なような気がするので、この辺をもっと正確に掘り下げて解説してよ、といったリクエストをお待ちしております。 ほしいものリスト: https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/3FN2QNFCJNI23/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2の補数の加減算におけるオーバーフローの生成

 2の補数によるオーバーフローの解説、演算結果が表現できる範囲外になると発生するというのはあるけれども演算器側の立場でオーバーフローを生成するというのが見つからないので表を作って考えた。 算術オーバーフロー(Wikipedia)  オーバーフローは、演算結果が範囲内に入らない時に発生する。2の補数による加減算では以下のと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボロー(桁借り)の扱い

 キャリーフラグについて調査の続き。  コンディションコードフラグ(ステータスレジスタ)を持つアーキテクチャにおいて、符号なしの加算で桁あふれが発生した時にはキャリーフラグが1にセットされる。減算の時にA-BでAステータスレジスタ(Wikipedia)  では、POWER,ARM,PIC,6502について確認してみた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪奇大作戦 殺人回路に出てくる計算機

 怪奇大作戦第20話「殺人回路」に出てくる計算機はなんだろうか?撮影用セットっぽくもないし、どうも本物を設置してある場所で撮影しているような感じだ。どこのメーカーのだろうか。クレジットにはなにもヒントになるようなものがないので映像から調べてみた。 怪奇大作戦[wikipedia] によると、放映は1968年~1969年なのでこれ以前に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いろいろメモ

Accumu KCG「コンピュータ博物館」構想 博物館めぐり 鉄道博物館と計算機博物館 近畿産業考古学会 KCGコンピュータ博物館 見学記 Intelが予定していたIA-32の独自64ビット拡張の仕様を推測するKEI SAKAKI's PAGE. ARM immediate value encodingAlisdair …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more