テーマ:MIPS

nanoMIPS 調査その3 32bit長命令の特別な例と注目の命令

 nanoMIPSの命令調査、これで終わりです。(金など積まれたら考えます) 前回まで: nanoMIPS 調査その2 16bit長命令 nanoMIPS 調査その1 48bit長命令 nanoMIPS調査(Googleスプレッドシート) ・32bit長命令の特別な例  メモリ操作でよく使うソースレジスタを固定してそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

nanoMIPS 調査その2 16bit長命令

 nanoMIPSの16bit長命令について抜き出して調べた。 前回:nanoMIPS 調査その1 48bit長命令 nanoMIPS調査(Googleスプレッドシート) 32bit長の命令から16bit長にするためにはbit数を削減するためにいくつかの制限がある。 ・指定できるレジスタ数 32本(5bit)→8本(3b…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

nanoMIPS 調査その1 48bit長命令

 前回のnanoMIPS 第一印象の続き。命令セットの一覧表を作って調べてみた。必要ならコピーしてご自由にお使いください。 nanoMIPS調査(Googleスプレッドシート) nanoMIPSとは: 16/32/48bit長命令の32bitアーキ 遅延スロットはない 乗除算で使ってたHI/LOレジスタはない 16/…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

nanoMIPS 第一印象

 MIPSから新しいISAが発表された。nanoMIPS。ISA仕様書Rev1.01が公開されたのは2018/4/27とごく最近。 MIPS、初のnanoMIPS命令セット対応CPUコア「I7200」(PCwatch) MIPS Announces I7200 32-bit CPU with new nanoMIPS ISA(A…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

MIPS 30周年

 MIPS R2000が世に出てから30周年だそうだ。 It’s been 30 years since the launch of MIPS R2000  1986年ってポケコンのFX-702Pで遊んでいた頃か。日本だと主流は汎用機やオフコン、ミニコン、一般にはホビー向けパソコンが各種普及しつつあった頃だ。1980年代後半には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MIPSアーキテクチャRelease5 SIMD拡張

 今週のAndo's Processor Information Pageで知った情報。  MIPS Architecture R5でVZE(仮想化)、MSA(SIMD)、MT(マルチスレッド)、DSPの拡張が行われている。(DSPは以前からあったかも) この図によるとMIPS64に限るわけではなくMIPS32から使えるようだ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

MIPS16e命令セット

 MIPS16eは、従来のMIPSが32bit固定長の命令を解釈して実行していたものに16bit長の命令を追加してコード密度を高めたもの。メモリが限られた組み込み向き。  以下を参照しながら読んでみた。  MD00077-2B-MIPS1664-AFP-02_60.pdf  命令長を圧縮するために、使用頻度の高い命令を抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャリーフラグについて調査

 マイクロプロセッサで扱うデータ幅が8→16→32→64bit、と増えてきたのでキャリーフラグの扱いについて調べてみた。  キャリーフラグとは符号なし加算命令で桁あふれが生じた時に立つフラグであり、この桁あふれ分を上位桁に渡すことによりレジスタ幅を超えた桁の扱いが可能となる。 例:A2:A1で表現される値とB2:B1で表現さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国の独自開発プロセッサ「龍芯3号」

ある意味、ベクトルの違う中国製RISC CPU「龍芯」(ASCII.jp) Loongson-STLS プロセッサ(STマイクロ)  中国はMIPS命令セット互換のCPUを独自開発している。最新の「龍芯3号」は64bit 4issueスーパースカラ、OOO実行で、1GHz。TDPは4Wでメモリコントローラを内蔵している。製造はS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPARCの浮動小数点レジスタについて

 SPARCの浮動小数点レジスタはちょっと変わっている。  他のプロセッサは、64ビット長のレジスタ(MIPS,POWER ISA2.04)または80ビット長のレジスタ(IA-64,IA-32)1本で倍精度、単精度の数値を扱っている。  MIPS I では2本の32ビット単精度レジスタを組み合わせて1本の倍精度レジスタとして扱ってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生き残ったMIPS,SPARC

 MIPSもSPARCも第一世代のRISCである。MIPSはRISCの基本であり、SPARCはレジスタウィンドウという物理的にサイズが大きくなってしまう仕組みを持っていた。これはコンパイラ支援の機能であり、分岐命令のアナルビットも同じような目的で存在する。  このためSPARCはMIPSと較べサイズが大きくなり、組み込み系には向かなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more