テーマ:

 第10章  RV32/64特権アーキテクチャ (3)

 第10章  RV32/64特権アーキテクチャ (3) 残り RISC-V原典 第10章(2) RISC-V原典 10章(1) RISC-V原典 9章 RISC-V原典 8章 RISC-V原典 6,7章 RISC-V原典 3,4,5章 RISC-V原典 1,2章 10.6 ページに基づく仮想記憶 ・S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10章 RV32/64特権アーキテクチャ (2)

 第10章  RV32/64特権アーキテクチャ (2) 10.4〜10.5まで RISC-V原典 10章(1) RISC-V原典 9章 RISC-V原典 8章 RISC-V原典 6,7章 RISC-V原典 3,4,5章 RISC-V原典 1,2章  10.4 組み込みシステム向けの(アドレス変換で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第10章 RV32/64特権アーキテクチャ (1)

 第10章  RV32/64特権アーキテクチャ (1) 10.3まで RISC-V原典9章 RISC-V原典8章 RISC-V原典 6,7章 RISC-V原典 3,4,5章 RISC-V原典 1,2章 ・一般のプロセッサにあるユーザモード(U)、スーパバイザモード(S)に加えて最も特権が強いマシンモード(M)を持つ …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

RISC-V原典9章

 第9章 RV64:64ビット・アドレス命令 RISC-V原典8章 RISC-V原典 6,7章 RISC-V原典 3,4,5章 RISC-V原典 1,2章 ・RV32Gってなんだっけか→RV32IMAFDの総称 ・RV64はアドレス空間を64bit、汎用レジスタのサイズを64bitにしたもの ・サイズにより動作…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

RISC-V原典8章

 第8章はベクトル。いちばん面白い章だと思います。 RISC-V原典 6,7章 RISC-V原典 3,4,5章 RISC-V原典 1,2章 第8章 RV32V:ベクトル ・従来のSIMD。インクリメンタルISAでデータのサイズごとに命令が増え複雑に ・RISC-Vではベクトルアーキテクチャを採用。ベクトル長と…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

RISC-V原典 6,7章

 ATOMIC命令と圧縮命令セット。 RISC-V原典 3,4,5章 RISC-V原典 1,2章 第6章 RV32A:原子のように不可分なアトミック命令 ・AMO命令 排他制御 ・LR/SR命令 これはMIPS/AlphaのLoadLink/StoreConditional命令と同じ ・AMOはLR/SRより…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

RISC-V原典 3,4,5章

 前回 RISC-V原典 1,2章 の続き。  の前に2章の感想残り。 → SIMD命令でも命令の追加や使われなくなる命令は基本命令以上にあるはずなので、モジュラーISAとしてどう定義するのか。命令拡張の余地があるところに定義するとしたらインクリメンタルISAと変わらないのでは。それはある程度の命令の集まりとして例えばSIMD2…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

RISC-V原典 1,2章

 RISC-V原典を読みます。 第1章 なせRISC-Vか? ・ISA(命令セットアーキテクチャ)のサポートは永続的であるべき。過去いくつもの命令セットがサポートを打ち切られた ・x86のAAA命令、現在ほぼ使われていないが貴重な1バイト命令を4つも占めている ・過去の互換性から継ぎ足しされていくインクリメンタルIS…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

「電気・電子学生のためのコンピュータ工学」

 図書館で見つけてあれ?と思ったので借りてきた。 「電気・電子学生のためのコンピュータ工学」 電気・電子学生のためのコンピュータ工学後藤 宗弘 丸善 2004-07売り上げランキング : 1099005Amazonで詳しく見る by G-Tools  これ学生時代の計算機工学のテキストだったのよね。1982年に第一版。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:忘れ去られたCPU黒歴史 買った

忘れ去られたCPU黒歴史 Intel/AMが振り返りたくない失敗作たち  Intel/AMDが過去リリースして流行らなかった、事情によって終息させてCPUたちの解説。ASCII.jpで連載があったものにMC88000が追加されている。この辺に関してちょっと補足を。 人気連載「忘れ去られたCPU黒歴史」の書籍が10日に発売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:配線盤からC言語まで

 昨年末にそそのかされて購入した本。比較的浅い位置に積んであったので読みました。 配線盤からC言語まで齋藤 鐵男 丸善プラネット 2011-12売り上げランキング : 1402089Amazonで詳しく見る by G-Tools  日本にコンピュータが導入された初期にプログラマとして関わった筆者の思い出話と、バグに関す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警告:Hephaestus Booksはウィキペディアのコピペ本

 仮想マシンについて調べていて、ある程度情報がまとまった本が欲しいなと思って注文した本が地雷でした。  Hephaestus Booksの本は英Wikipediaからのコピペ本です。 >Virtual Machines, Including: O-Code Machine, Secd Machine, Ucsd Pascal, …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

本:「Prologマシン」

 Prologマシンについてはもやもやした感情がある。  学生時代、所属していた研究室にLISPマシンであるELISとPrologマシンであるPSIが同時期に導入され、どちらを使うか非常に悩んだ。実用性からLISPの方を選んだのだが、あの時Prologも使っていれば、と今でもうなされる。当時の日記を見るとLISPの理解だけでいっぱいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:体系的に学ぶコンピュータ言語

日経BP書店|商品詳細 - 体系的に学ぶコンピュータ言語  図書館で見つけた。既に絶版だが2004年の時点での最新状況が解説されている。なので、CodeWarriorやVisual J++なども掲載されている。  採り上げられている言語はほぼ手続き型言語であり、その理解を深めるための2進数の扱い、アセンブラ、GCまでも解説されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘネシー&パターソン 目次による読書マップ

 Computer Architecture: A Quantitative Approach(通称ヘネパタ)の原著第五版出版記念。 1992年は私がハード屋としての職歴を開始した時期なので思い入れがある。当時はさっぱりわからんかった。今も一割理解しているかどうか。  初版が出た時は「計算機の性能は定量評価すべし」との啓蒙だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:高性能コンピュータ技術の基礎 Hisa Ando著

 最近のマイクロプロセッサの内部構造を知りたい人向けの本。ソフト屋さん置いてけぼりの本。せいぜいコンパイラ屋さんかOS屋さんに役立つくらいか。  それくらい偏った内容で、人によってはとても面白い本。特に大規模なプロセッサ開発現場においては他のチームがどの部分をどう作っているかわからない場合があるが、これを読むとやっていることがわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:コンピュータ設計の基礎

 楽しみにしていたHisa Ando著の「コンピュータ設計の基礎」が出ました。これはマイコミジャーナル連載のコンピュータアーキテクチャの話をまとめたものです。連載にあった4004/MJアーキテクチャは載っていませんでしたが、これは続刊に掲載されるんでしょう。  連載時は見落としていましたが、IEEE754-2008の10進浮動小数点の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新訳 新装版 超マシン誕生

 復刊しましたね、「超マシン誕生」。  表紙を見て思いましたが、よくDIPのTTLが乗った基板を集めてきましたね。  最初に出版された「超マシン誕生ーコンピュータ野郎の540日」には原著にもない所にちょっとした見出しがあったのですが、これはないようです。  難しい専門用語は避けているようで、多くの人にこのプロジェクト運営の駆け引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「超マシン誕生」復刊!

 復刊ドットコムで新装版が出るようですな。 ■『超マシン誕生 新訳・新装版』  こんどの表紙はTTLだろうか。SQFPパッケージだろうか。 関連: 本:今でも通用する「超マシン誕生」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MC6809-MC6809Eマイクロプロセッサ プログラミング マニュアル

 今回は昔懐かしい8ビットマイコンの話です。  懐かしい物を発掘した。「MC6809-MC6809Eマイクロプロセッサ プログラミング マニュアル」  当時中学生だった私は「I/O」「マイコン」などの雑誌を購読していた。マイコンを作りたかったのだ。その頃80系が良いか68系が良いかよく比較されていた。80系の代表はZ80…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図解雑学 暗号理論

 2002年末に書かれた入門書だが内容が豊富。略語がたくさん出てくる。計算機に関係ある所を抜き出してみると: ・DES暗号 ・モジュロ演算(割り算の余り) ・真性乱数 ・ハッシュ化 ・透かし(画像処理) ・デジタル署名 ・インターネット、デジタル放送などへの利用 現代では暗号化は無視できない。特に大量の重要な情報を扱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4004の資料

 やっとIEEE SSC Magazineの4004特集を見ることができたので、i4004関連の資料をまとめておく。 英語の雑誌なのでまだよく読んでないが、命令セットの図など見ていると"Instruction Proposed by Intel but Later Deleted","Instruction Proposed by B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRON仕様チップGmicroのアーキテクチャ

参考文献:TRON仕様チップ活用法Gmicroのすべて(千葉憲昭 著 工学図書) 1993年発行  究極のCISCプロセッサはどのような命令セットアーキテクチャを持っているか調べてみた。 時代背景から考えると、MMUや浮動小数点コプロセッサは外付け、アドレス/データバスもダイレクトに外に出ている。x86で言えば80386~486…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命令セットアーキテクチャの書籍・資料紹介

書籍紹介 主にプロセッサの命令セットを扱ったもので、できるだけ日本語で書かれたやさしいものをまとめた。あとはネットで色々探してみるとよい。(更新:2009/11/27) ★出版社名へのリンクは出版社での紹介 ★【AA】はAmazonへのアソシエイトリンク ■横断的に説明したもの □マイクロプロセッサ・アーキテクチャ入…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

本:システムLSI設計のためのリユース・メソドロジ・マニュアル

 企業においてはLSIをまったく新規に開発することはあまりないことである。通常は今までの設計資産を流用して新しい物を作る。例として、CPU開発では命令フェッチやデコーダがほぼそのまま流用できる。演算器の制御方法も同じようにしておけばミスも少なくなる。これを元に改良すればよい。  設計資産だけでなく設計手法も同様に、過去の経験を生かしつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:今でも通用する「超マシン誕生」

「超マシン誕生」コンピュータ野郎たちの540日 トレイシー・キダー著 風間禎三郎訳 ダイヤモンド社  学生時代に古本屋で見つけて買った。これを読んで以来、大規模なコンピュータのハードを作りたいと思い、就職した会社のハード開発部門に配属された。念じれば通じるもんだな。  データゼネラル社のエクリプス後継機、イーグルの開発に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ASIC設計の入門書

 物理や電子工学科卒ならひととおりのことは習っただろうが、会社で実際の設計業務に携わるとなると生半可な知識は通用しない。私は趣味でハードをやっていたが学生時代はソフトウェア(自然言語処理!)をやっていたのでまったくのやり直しのつもりで勉強した。その時の参考書を紹介する。  最近はVerilog-HDLやらSystemCなどソフト寄りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:「ペタフロップスコンピューティング」と地球シミュレータ

地球シミュレータ(ES2) 最近、ベクトル機に興味が湧いたので上記URLとTOP500や後で紹介する本などから地球シミュレータ(ES)と二代目で運用中のES2を較べてみた。 ・CPUは500MHz(ベクトル部1GHz)SX-6相当からSX-9E 3.2GHzへ。CMOSスケールは150nmから65nm、性能は8GFlopsから1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本:コンピュータ 写真で見る歴史

 美術書で有名なTASCHENが出版した、ビジュアル重視のコンピュータ本。  映画で登場したコンピュータの引用も多い。(マトリックスなど) 初期の大型機からミニコン、パソコン、ゲーム機などを取り上げてある。  私が一番好きなのは超並列機コネクションマシン。あの筐体デザインは今でも未来的だ。別の本で読んだのだが並列処理FORTRAN…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more