テーマ:とりとめのない話

プロセサ命令セットアーキテクチャクイズ!

 半年ほど更新をサボってましたがリハビリがてらクイズを作ったので遊んでみてください。 プロセサ命令セットアーキテクチャクイズ! 追加したよ! プロセサ命令セットアーキテクチャクイズ2! Panasonic フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W ¥ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパバイザモードでやるメモリ管理について

 今回は思いつきです。  RISC-V原典を読んで、割り込みの分類を外部から非同期で割り込むインタラプトとその他のトラップに分類していることに気付いた。その他のトラップには従来の例外(エクセプション)も含まれている。例外が発生した命令から例外処理に移り、原因が解決できたらその命令からリトライする。この仕組みでユーザモードのメモリ管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CRD(Cashe Residence Diagnostics)

 昔書いたような気もするけど整理のため思い出しつつ。  CPUを製造した後、正常に動作するかどうかはベアチップ(ウェハーから切り出した裸のチップ)の状態でスキャンを行って各ゲートがちゃんとH/Lになるかどうかを確認する。スキャンの方法はJTAGで知られている。任意のFFをH/Lに設定することで各組み合わせ回路の入力に値を与え、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IBM System/360の形式記述

 こういう話もあったので。RISC-V仕様のFormal表現いろいろ(FPGA開発日記)  命令セットアーキテクチャは色々あるけれども、どれも自然言語による定義と擬似コードによる動作の補足説明があるくらい。IBMのSystem/360はAPLで記述してあるらしいことはどっかで聞いたことがあった。 検索してみると:IBM System…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むかし職場の同僚で群を抜いてすごいと思った人々について

 検証やデバッグをやっていると各パートの設計者と広くつきあうことになる。不具合が発生した時には相談したりツルし上げたりしてたのだが彼らは普通とはなにか違う。 (1)チェア・ディティクティブ=サン  彼はほとんど実験室にこない。だがこちらで検証結果を持って行くと、まだ充分に絞り込めていない段階でもここではないかとピンポイントで指摘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年の振り返りと今後

 今年はなんとか月1回分は書けた。  来年やること。 ・MMIX調査 ・SPARCアーキの最新版調査 ・POWER ISA 3.0調査 ・RISC-V調査 ・SIMD命令のレーン間に関する操作 ・浮動小数点命令の分類 ・シフトレジスタ、POPCなどの演算器を作りながら評価  そして、ぼくのかんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ:下町ロケット前半で思うこと

 下町ロケット、痛快で面白いですね。ロケット打ち上げで最終的にメーカーの皆さんには悪人はいないみたいな感じになりましたね。  佃製作所の社長が、問題を起こした社員と面談した時に一階だけではだめだ二階部分には夢が必要だと語ったが、結局社員は辞職届を出して辞めてしまった。社長よりもこちらの方に感情移入してしまったのでちょっと書く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラセブン第43話 第四惑星の悪夢に出てくる計算機

※追記:当時を知る方からコメントをいただきました。NEAC2200モデル200のコンソールパネルタイプで撮影は当時の日本電子工学院(現在の日本工学院専門学校)で行われたとのこと。  ウルトラセブン第43話「第四惑星の悪夢」には人間がロボットに支配された星が出てくる。その中で第四惑星の政策方針から健康管理まですべて計算している計…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

副作用についていろいろ

 計算機の中の副作用について。 副作用 (プログラム)(Wikipedia)  用語が違ってるかもしれないけど、以下の定義で考えていく。 関数 ある入力を与えると出力が一意に決まる。 手続き 関数とは異なり他のグローバル変数などを参照して出力が決まる。他のグローバル変数を書き換えることもある。 (1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

応援おねがいします。

 お誕生月であります。応援してください。自分では調べ物が得意なような気がするので、この辺をもっと正確に掘り下げて解説してよ、といったリクエストをお待ちしております。 ほしいものリスト: https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/3FN2QNFCJNI23/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪奇大作戦 殺人回路に出てくる計算機

 怪奇大作戦第20話「殺人回路」に出てくる計算機はなんだろうか?撮影用セットっぽくもないし、どうも本物を設置してある場所で撮影しているような感じだ。どこのメーカーのだろうか。クレジットにはなにもヒントになるようなものがないので映像から調べてみた。 怪奇大作戦[wikipedia] によると、放映は1968年~1969年なのでこれ以前に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

思いつき M系列による命令並び

 出オチに近いが。  命令列は順に並んで順に取り込まれる。これを指し示すPC(Program Counter)またはIP(Instruction Pointer)はインクリメントされるカウンタであり、分岐命令によってこの値が書き換えられる。  これをLFSR(線形帰還シフトレジスタ)によって置き換えたらどうか。M系列だと16bitで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「電気・電子学生のためのコンピュータ工学」

 図書館で見つけてあれ?と思ったので借りてきた。 「電気・電子学生のためのコンピュータ工学」 電気・電子学生のためのコンピュータ工学後藤 宗弘 丸善 2004-07売り上げランキング : 1099005Amazonで詳しく見る by G-Tools  これ学生時代の計算機工学のテキストだったのよね。1982年に第一版。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛のデュアル80186ネックレス

 前回のクリスマス工作企画 80186ストラップから約三年。もう一個の80186が見つかったのでネックレスを作ってみた。  なんでトルソーがあるのかはさておき、Intel製とAMD製の80186の拡大写真。  セカンドソースと言って、ある会社が販売しているLSIのライセンスを受けて同じ物を他社が製造・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

X86-FILES 第一話:ロンギュレーターの恐怖

「電卓の計算結果って疑ったことあるかい?」 「いいえ」 「日本製の電卓なら信用できる?」 「ええ」 「では百円ショップで売ってる電卓は?」 「ちょっと怪しいかな」 「いや、百円ショップの電卓は充分に枯れた計算機用のLSIを使っているはずだから問題無いだろう。かえって新しく設計された電卓の方が信用ならない」 「その感覚、わか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半導体職人の朝は早い

 半導体職人の朝は早い。  晴天の日に砂漠へ赴き、良質の砂を採取する。集めた砂をよく洗い、炉に入れて溶かす。頃合いを見て職人は糸につけた種を入れ、炉を回しながらゆっくり、ゆっくりと引き上げる。 「こうすると、よいインゴットができるんですよ」職人は大きなインゴットをスライスし、一枚一枚丁寧に磨いていく。たくさんの水を使うため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士通リレー計算機 FACOM 138A 写真集

 毎年4月に川崎市中原区の富士通川崎工場で行われる「富士通桜まつり」では、地下1Fの展示室が公開される。そこにはリレー式計算機FACOM138Aが動態保存してあるのだ。最近はスイッチにアクリルカバーが取り付けられ触れないようになっているが、この写真を撮影した2001年4月当時は手順に従ってスイッチを操作し、平方根の計算などができた。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CPUが周辺機器だったとしたら…

 CPU(中央演算処理装置)は文字通り計算機の中心部でありすべてをコントロールしていると思われているが、実は演算を行うだけの周辺機器だとしたらどうするかね?  オフコンの開発に関わっていたのだが、I/O周りはI/Oプロセッサという専用のCPUが制御していた。しかしよく調べてみると、昔はこのI/Oプロセッサが全てを仕切っていたらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汎用機ハッカーH氏

 H氏は研究室の先輩だった。リクルーター制度があった頃、毎年研究室を訪れてこちらの色々な質問に答えてくれた。 自然言語処理を行っていた研究室。辞書データは磁気テープの中にある。それを高速に検索できるようB-tree形式に変換して磁気ディスク上に置き、索引プログラムをPL/Iで作ったのがH氏だ。それ以外にも謎のユーティリティらしきものが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実録 ハード設計!検証!デバッグ!

「正論理、負論理って知ってる?これじゃわからんよ」 「仕様書の記述が別の章で矛盾してるんですけど」「よく読んだな」 「なんで端子数が合わないんじゃああ!ちゃんと隣と話しとんのかコラ」(パイプ椅子投げる) 論理設計「このディレイじゃ間に合わない。セル作ってよ」スタセル設計「簡単に言うなよ」 「ビルド前に帰るなよ」 「ごめん、ミス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPARC64Viiifxを売りまくるには

 その名はロボット刑事「K」と決まった京速コンピュータ。構成もスカラ型でCPUは富士通SPARC64Viiifx。現在は1筐体あたり96CPUで8筐体稼働なので768チップ使っているということになる。 だがこれでは元がとれないだろう。将来の拡張で96CPU×800筐体=76800チップ。予備を入れてかなり大雑把に10万チップ。2009…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スパコンはコモディティ化"しない"

ここ数日、よく見かけるので元ネタを探してみた。 スパコンⅡ~歴史の法廷とは~(BeneDict 地球歴史館) 批判は生産的じゃないが言わせてもらう。 (1)第五世代コンピュータ・プロジェクトの比較表。どこが似ているの?まず目標とする所が違う。一方は機械による知能の実現可能性の研究であり、一方は最速のナンバークランチャーを実現す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイコンホビーストの終わりと再生

 8ビットの頃はマイコンと呼ばれ、自分で部品を集めて作る人も多かった。MZ-80Kなんかは半完成キットだったし。そんなわけで自力で動くマイコンボードを作りたかった。  大学のマイコン部でZ80Aボードを作ろう(というか自分が作りたかった)ということになり、長崎市の唯一の部品屋、カホ無線でZ80A,Z80CTC,Z80PIOとROM,R…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キーボード難儀

 題名は昔bit誌にリレー連載されていた「キーボード談義」のまね。  私が使った最初のパソコン、富士通FM-7(FM-8も)はキーを押した時の文字コードがあるI/Oポートを読み出すことでわかった。問題はその文字コードが残ったままでキーを離したことがわからない点にあった。このためゲームでは左に移動したら左にいきっぱなし、右に移動した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DRAMについて

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/09/036/index.html  やっとTukwillaでたのね。DDR3メモリ採用で次世代Xeon(Nehalem EX)とプラットフォーム共通化ということは、従来のXeon(Nehalem)で採用しているFB-DIMMはこれで終了ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルチコア・マルチプロセッサ

 マルチコアに関する研究は、企業しか作れないということもあって成果などが見えてこない。体感的に私が思うのは、Windowsで複数の作業を同時にこなしても遅くはならないなあといった程度か。やっとCell以外でIntelからヘテロジニアスコアが出てきたが、これは単にGPUとCPUを一緒のパッケージに入れただけなのでコンピュータアーキテクチャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス工作企画 80186ストラップ

 LCCパッケージの80186はいままでみたLSIのなかでももっとも美しいパッケージだ。いかにも電子回路、といった感じがする。実装するときは裏返しにしてソケットに押し付けるので少々残念だが。 80186についてはIC Collectionのページが詳しい。ここのwebmaster小松氏とは会った事がある。VM8600のマニュアルを貸し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マルチコアとマルチスレッド、パソコンでの例

 最近、テレビサイドで使うパソコンをいじっている。そこで分かったのはマルチスレッド対応アプリの優位性だ。  Avidemux2.5.1というツールを使って録画したmpeg2動画をmpeg4に変換しているが、Atom330(In-Order 1.6GHz 2コア×2スレッド=論理4CPU)だと16フレーム/秒くらいの速度で変換してくれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MC6809-MC6809Eマイクロプロセッサ プログラミング マニュアル

 今回は昔懐かしい8ビットマイコンの話です。  懐かしい物を発掘した。「MC6809-MC6809Eマイクロプロセッサ プログラミング マニュアル」  当時中学生だった私は「I/O」「マイコン」などの雑誌を購読していた。マイコンを作りたかったのだ。その頃80系が良いか68系が良いかよく比較されていた。80系の代表はZ80…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more